カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【国鉄(JR)職員から俳優への転職…田中要次の波乱の人生について】

現在、個性派俳優として活躍している、田中要次は、かつて、国鉄~JRの職員として勤務していました。
田中要次は、その国鉄~JR職員という安定した職業を擲って、俳優という職業に転職したわけですが、
その決断をする際には、かなりの覚悟を要したのではないかと思われます。
しかも、並の転職ではなく、一生安泰なJR職員から、売れるという保証も無い、俳優という、
社会的身分も180度違う職業へと転職するわけですから…。
実は、最近その田中要次が出演していたドラマで、非常に印象的な場面が有りました。
それは、NHK-BSで放送されていた、『ふれなばおちん』というドラマだったのですが、
長谷川京子が演じる平凡な主婦が、夫と同じ会社に勤めている、若い男性の派遣社員(成田凌)と恋に落ちてしまうという、
言わば、主婦の不倫の恋を描いた作品でした。
若手俳優の成田凌が演じるのは、昼間は派遣社員で、夜は劇団で舞台俳優をやっているという、
役者で成功する事を夢見て、二足のわらじを履いているという若者ですが、 
ひょんな事から、職場の上司の奥さんと恋に落ちてしまい、その関係に苦悩する事となります。
ある日、そんな彼の前に、彼と旧知の仲だった、田中要次演じる、テレビ局のプロデューサーが現れます。
そして、そのプロデューサーは、若き舞台俳優に、こう言い放ちました。
「昼間は派遣社員で、夜は舞台俳優ね。そんな中途半端な事じゃ、役者になんてなれないよ。君は、自分で人生に逃げ道を作っているね」と。
この言葉に、成田凌演じる若手俳優は気色ばみますが、確かに、その時の彼は、上司の奥さんとの関係も中途半端で、役者としても、宙ぶらりんの状態だったのです。
そして、そのプロデューサーの言葉を、JR職員という安定した立場を捨て、退路を断って俳優に転職した田中要次が言ったのですから、とてもリアリティーが有りました。
ドラマでは、長谷川京子演じる主婦と、成田凌演じる若手俳優の関係は、この後どうなって行くのかは、見ていないという方のために伏せておきますが、
夢を追うために、退路を断ってから転職するか、それとも夢を諦め、安定した生活を選ぶのかは、
役者を夢見る人達にとっては、永遠のテーマだと言えるかもしれませんね。

【教師から力士へ…智ノ花の異色の転職劇】

かつて、高校教師から大相撲の力士へ、異例中の異例とも言える「転職」を果たした人物が居ました。
その「転職」劇の主役の名は智ノ花(本名・成松伸哉)と言いますが、
智ノ花は、人生をかけた「転職」を成功させ、人々に強い印象を残しました。
1964年6月23日に生まれた智ノ花は、幼少の頃から相撲に親しみ、
名門の日大相撲部でも活躍しましたが、卒業後は大相撲の道には進まず、
高校の教師として勤める傍ら、アマチュア相撲の力士として、相撲を続けていました。
しかし、一度は諦めた大相撲への夢は断ち難く、また、大学の後輩である舞の海の活躍も刺激となり、
27歳の頃、大相撲への挑戦を決意し、立浪部屋へ入門します。

当時、高校の教師で、しかも妻子も居たという、智ノ花の「転職」は、マスコミでも大きく取り上げられ、話題を呼びました。
この無謀とも言える「転職」について、先行きを危ぶむ声も多々有ったようですが、
智ノ花は、自らの夢をかけ、プロの世界へと飛び込んで行きました。
そして、1992年3月、史上最年長の27歳で、智ノ花は初土俵を踏み、幕下付出でデビューしますが、そこから、智ノ初は快進撃を開始します。
入門から4場所目で幕下優勝して十両に昇進すると、9場所目には新入幕を果たし、
そして、デビューから11場所連続の勝ち越しで、1994年1月場所には小結に昇進、
何と、智ノ花は初土俵から僅か12場所目で、新三役へと駆け上ったのです。
これは、幕下付出からのデビューでは、かつての名横綱・輪島を抜いて、史上最速のスピード出世となりました。
智ノ花の快進撃は、世間をアッと言わせ、智ノ花は一躍、人気力士の仲間入りを果たしたのです。
無謀な挑戦と危惧していた人々の声や、否定的な意見を、智ノ花は、その実力で、見事に覆して見せたのでした。
しかし、智ノ花は新三役の場所で4勝11敗と大敗してしまい、平幕に陥落、その後は、年齢による衰えもあり、思うように勝てなくなって行きました。
そして、2001年9月、十両下位で5勝10敗と負け越すと、智ノ花は遂に引退を表明しました。
こうして、智ノ花の夢の「転職」劇は終わりを迎えましたが、
智ノ花の挑戦は、多くの人達に夢と希望を与え、鮮烈な印象を残しました。
そして今、智ノ花は玉垣親方として後進の指導にあたっています。
そうです、彼の夢は、まだまだ続いているのです。

【看護師の転職について】

大阪府と市 看護師募集の【民間・公共14転職サイト】求人一覧(常勤・パート)
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

転職を考えている看護師にとって、どのような手段で転職活動を行う事は、とても重要です。
看護師の仕事をしながら、転職活動を行う場合は、なかなか、転職活動だけに時間を割く事は難しいと思われますので、
いかに時間をかけずに、効率良く転職活動を行うかという事に、重点を置くと良いでしょう。
そのため、看護師の転職サイトに登録しておく事を、お勧め致します。
しかも、複数の転職サイトに登録し、出来るだけ沢山の情報を収集する事に、主眼を置くと良いかと思われます。
何故なら、同じ病院でも、転職サイトによって、異なる情報が掲載されていたりする場合も有るからです。
例えば、ある転職サイトには、正看護師のみの募集要項のみが掲載されているのに、
他の転職サイトでは、正看護師と准看護師の、両方の募集要項が載っていたりする場合も有ったりします。
また、転職サイトにより、給与や休日についてなど、基本的な情報が異っていたりもするので、
やはり、複数の転職サイトを見て、比較検討する方が、間違いは無いのではないでしょうか。
そして、転職サイトだけではなく、転職先にと考えている病院やクリニックの公式サイトを見ておく事も、勿論、とても重要です。
言うまでもない事ですが、転職サイトだけを見て、病院の公式サイトは見なかったり、
また、その逆パターンも、転職活動においては、避けた方が良いのです。

情報は、より多角的に、重層的に収集し、分析する事が、転職活動の正否を分ける鍵となるので、
転職活動をする方は、その事を意識して、アンテナを張り巡らせてみて下さい。
また、転職サイトで情報を収集するだけではなく、例えば、転職者の体験談を特集しているサイトを見て、
生の声を読んでみるのも、転職活動には、大いに参考になるでしょう。

このように、看護師の転職活動にも、様々な方法は有りますが、まずは、転職先についての情報を集め、
「急がば回れ」の精神で、着実に地歩を固めて行く事こそが、転職活動の成功に繋がる事は、間違いありません。
その事を念頭に置いて、是非とも、転職活動を成功させて頂きたいと思います。

マッサージ師への転職に必要なもの

 私が通うマッサージ師さんは、土木業からマッサージ師へと転職しました。当初は一緒に会社をやっていましたが、旦那さんの怪我を機に仕事を続けることができなったのだそうです。その時彼女は三十代の半ば。子供も小さくかなり大変だったそうですが、自分が働かなければいけない状況だったので、踏ん張れたと言っていました。今は予約をとるのが大変なくらい、人気のお店を構えています。
 異業種からマッサージ師への転職を目指す際に必要なのは、やはりやる気に尽きる、というのがその先生の考えです。なにせマッサージ師になるには、国家試験をクリアしなくてはいけませんからね。学校に通って、多くの知識や技術を身につける必要があるわけです。しかも新人の内は、先輩について学ぶ ことも多く、よほどやる気がないと、乗り越えられないと言っていました。
 ただ、わりと年齢制限がないのが、マッサージ師への転職のいいところでもあるそうです。要は技術があれば、いくつでも挑戦できるというのでしょうか。今は最初はお店で働いて、後には自宅の一角をオープンにして施術するというパターンもあるそうです。これだと自分で予定が組めるので、子育て中の方などもお仕事が続けやすいかもしれません。
 結局のところ、マッサージ師への転職は、技術さえ習得してしまえば、あとは自分のやる気と思い描く未来次第、その形は必ずしも決まっていないのです。私の通う先生も、今は自宅で朝から晩まで、頑張っています。

もしそれが、2010年、当たり年のシャトー・マルゴーだったなら

シャトー・マルゴーは2010年が当たり年と言われています。このように高評価を得たものは、平均的な出来のものの二倍から三倍の価格で取引さ れるそうですね。だからこんなにも高価なのか、と納得しました。
日本でこのワインの名が知れたのは、渡辺淳一氏の小説に、登場してからだと言われているようですね。『失楽園』は私も読んだことがあります。ただ、その最後で出てきたと言われても、残念ながらシャトー・マルゴーの名称は記憶にありませんでした。当時はお酒にそれほど興味がなかったので、さらりと流してしまったのでしょう。ただ毒の入ったワイン、ということだけは覚えています。
もちろんこの作品が書かれたのはかなり昔ですから、それが、当たり年である2010年のものであるはずはありません。しかし想像というのは膨らむもので、もし彼らが最期に口にするものとして、この赤く香り高い、2010年、当たり年のシャトー・ マルゴーだったらと思えば、妖艶さも増す気がします。
さて、実際の話に戻りますが、インターネットで検索すると、こちらはまだ販売されているサイトを見つけることができます。と、いうことは、私達でも手に入れることは可能なわけです。ただよほどのおめでたいことがなければ、ちょっと躊躇ってしまう価格ではありますね。かつてはフランス王宮に住まう紳士・淑女をも魅了したと言われるシャトー・マルゴー、その最高レベルの品質を誇る、当たり年2010年もの。興味は尽きることがありません。