月別アーカイブ: 2015年12月

【日米の転職に対する考え方の違いについて】

転職というと、

日本では、どうしてもネガティブな印象を持たれてしまいがちなのではないでしょうか。

今では、だいぶ崩れて来たとはいえ、
日本では、終身雇用という働き方がスタンダードとされた時代が長く続いたためか、

転職をする人というのは、
ともすれば、少数派や変わり者、という見方をされる傾向が、まだまだ根強いと思われます。

しかし、長引く不況と、社会状況の激変により、今や、転職をする人というのは、珍しくも何ともなくなりました。

ましてや、今の自民党政権は、
派遣労働法を改正した事などにも見られる通り、
労働市場の流動化を推し進めようとしているように見受けられますので、

これから、転職というのは、ますます常態化して行くのではないかと思われます。

先程、私は、「日本は終身雇用の時代が長く続いた」という事を述べましたが、
その終身雇用制度が崩れつつあるのに、

我々の意識が、まだまだ終身雇用の時代を引きずったままでいるようでは、
時代の流れに付いて行けなくなるのではないかとさえ、私は思ってしまいます。

翻って、契約社会であるアメリカでは、労働とは、あくまでも生きるための手段であり、
雇う側と雇われる側の合意に基づいて、契約によって働く、という考え方が主流のようですが、

そのように、労働という事に対して、
割り切って合理的に考える、という傾向は、
好むと好まざるとに関わらず、
これからの日本では、ますます強まって行くのではないでしょうか。

だとすれば、我々としては、
そのような時代に対処して行けるよう、
準備を整えておく事が、とても大切になって来ます。

アメリカの考え方こそが素晴らしい、というつもりもありませんが、
これからの時代の流れを予測して、それに備えておく事は、とても重要だと、私は思います。