【転職の時期について】

人生において、就職や転職というのは、
まさに、大きな転機です。
しかし、例えば、学校を出て、新卒で就職する時と、
今まで働いていた職場から、別の職場へ転職するという時では、
その意味合いは、全く違うと言っても、過言ではありません。
ある程度、社会経験を積んできた身から言わせて頂ければ、
(誤解を恐れずに言うと)新卒の就職というのは、
己を高めてくれるような職場であれば、
どこだろうと、自分にとっては、それなりにプラスになるであろうと、私は思います。
自分には、一体、どれだけの力が有るのか、
また、自分は、将来どうなって行きたいのか、
そういった意識を持ってさえいれば、
まずは社会に出て働いてみる、というのは、とても素晴らしい経験になると思うのです。
ですから、たとえ、100%、自分の思ったような会社に就職出来なかったとしても、
まずは、目的意識を持って、仕事をしてみると良いのではないかと、私は思います。
では、転職というのは、一体どうでしょうか?
転職するという事は、それぞれ、色々な事情が有るとは思いますし、
大きな決断が必要である事は、間違いないでしょう。
いざ、転職するとして、
自分の人生において、転職の時期はいつが良いのか、
転職の時期のベストは、一体いつなのか、
古今東西、多くの人達が、散々、迷って来た事と思います。
そんな中、私が思う、最も良い転職の時期、それは、
「自分が、心の底から、転職したいと思った時」
それこそが、転職のベストの時期ではないかと、思うわけです。
「何だ、そんな事か」
と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、
どんな事でも、自分の決意、自分の気持ち、そして、目的意識こそが、事の成否を左右すると、私は思います。
逆に考えれば、中途半端な気持ちの時には、転職はすべきではないとも、思います。
「思い立ったが吉日」という言葉もありますが、
転職の正否の鍵を握るのは、自分の強い決意であると、重ねて申し上げたいと思います。
それが、自分にとっての、本当にベストの転職の時期という事になるでしょう。