【教師から力士へ…智ノ花の異色の転職劇】

かつて、高校教師から大相撲の力士へ、異例中の異例とも言える「転職」を果たした人物が居ました。
その「転職」劇の主役の名は智ノ花(本名・成松伸哉)と言いますが、
智ノ花は、人生をかけた「転職」を成功させ、人々に強い印象を残しました。
1964年6月23日に生まれた智ノ花は、幼少の頃から相撲に親しみ、
名門の日大相撲部でも活躍しましたが、卒業後は大相撲の道には進まず、
高校の教師として勤める傍ら、アマチュア相撲の力士として、相撲を続けていました。
しかし、一度は諦めた大相撲への夢は断ち難く、また、大学の後輩である舞の海の活躍も刺激となり、
27歳の頃、大相撲への挑戦を決意し、立浪部屋へ入門します。

当時、高校の教師で、しかも妻子も居たという、智ノ花の「転職」は、マスコミでも大きく取り上げられ、話題を呼びました。
この無謀とも言える「転職」について、先行きを危ぶむ声も多々有ったようですが、
智ノ花は、自らの夢をかけ、プロの世界へと飛び込んで行きました。
そして、1992年3月、史上最年長の27歳で、智ノ花は初土俵を踏み、幕下付出でデビューしますが、そこから、智ノ初は快進撃を開始します。
入門から4場所目で幕下優勝して十両に昇進すると、9場所目には新入幕を果たし、
そして、デビューから11場所連続の勝ち越しで、1994年1月場所には小結に昇進、
何と、智ノ花は初土俵から僅か12場所目で、新三役へと駆け上ったのです。
これは、幕下付出からのデビューでは、かつての名横綱・輪島を抜いて、史上最速のスピード出世となりました。
智ノ花の快進撃は、世間をアッと言わせ、智ノ花は一躍、人気力士の仲間入りを果たしたのです。
無謀な挑戦と危惧していた人々の声や、否定的な意見を、智ノ花は、その実力で、見事に覆して見せたのでした。
しかし、智ノ花は新三役の場所で4勝11敗と大敗してしまい、平幕に陥落、その後は、年齢による衰えもあり、思うように勝てなくなって行きました。
そして、2001年9月、十両下位で5勝10敗と負け越すと、智ノ花は遂に引退を表明しました。
こうして、智ノ花の夢の「転職」劇は終わりを迎えましたが、
智ノ花の挑戦は、多くの人達に夢と希望を与え、鮮烈な印象を残しました。
そして今、智ノ花は玉垣親方として後進の指導にあたっています。
そうです、彼の夢は、まだまだ続いているのです。