転職の際の意識について

「年齢を重ねるごとに、転職事情は厳しくなる」
という話を、よく聞きますが、果たして本当にそうでしょうか?
企業の求人広告などで、
「○○歳まで」
といった年齢制限をする所も、
有るには有りますし、
一般的に言って、35歳以上になると、
転職は厳しくなる、といった捉え方をされる方も多いと聞きます。
しかし、だからと言って、
必ずしも、年齢を重ねると転職は厳しくなる、
とは言い切れないのではないでしょうか。
転職というのは、
それなりに経験やキャリアを積んだ人が、
仕事(勤め先)を変える事、に他なりませんが、
つまり、転職をしようとする時点で、
その人は、独自の「売り」を持っている、という事になります。
転職の際には、その自分のセールスポイントを、大いにアピールすべきでしょう。
そのためには、まず自分のセールスポイントが何なのかを、客観的に把握しておくのが良いと思われます。
営業職であれば、営業で培った対話力や交渉力、
技術職であれば、自分にしかない技術力など、
とにかく何でも良いのです。
そして、自分のセールスポイントを、
企業のニーズに合わせて売り込む、
という考え方で行けば、
転職が成功する可能性は、高まるのではないでしょうか。
「○○歳になると転職は厳しい」
という、世間一般の「常識」に囚われて、
自分の可能性を狭めてしまうのは、実に勿体ない話です。
自らのアピールポイントを磨いて、
求人条件にピッタリ合う所を探すという、
シンプルな考え方こそが、大事なのです。

コメントを残す