【転職と天職について】

「天職」という言葉が有りますが、もしも、自分が今、就いている仕事が、「天職」であると感じているのであれば、これほど、幸せな事は無いでしょう。
しかし、実際は、自分が「天職」だと思えるような仕事に就いている人の割合というのは、そんなに高くないのではないかと、思われます。
自分の希望するような職種に就く事が出来ず、生活のため、お金を稼ぐために、仕方なく、今の仕事に甘んじている、という方も、
世の中には、沢山いらっしゃいます。

では、何故、そのような事になっているのかといえば、私は、自分が、やむなく、希望した職種ではない所で仕事をしている人は、
「自分は、その仕事にしか就く事が出来ない」と、自分で自分の可能性を限定してしまっているからではないか、と思えてなりません。
しかし、果たしてそうでしょうか?私は、自分で自分の可能性を狭めてしまうほど、不幸な事は無いと思いますし、
もしも、今の仕事が、どうしても自分に合わないと感じていて、それが精神的苦痛になってしまっているのであれば、思い切って転職するのも、有りだと思っています。
勿論、転職してみて、もっと状況が悪化してしまう、という可能性も有るかもしれませんが、自分の可能性はどこに有るのか、そして、自分の実力を存分に発揮出来る仕事は何か、
という事を、常に考えておく事は、とても大切だと思います。
そして、転職した結果、自分の「天職」に巡り会えたら、どんなに素晴らしいでしょうか。
私は、常に自分が輝けるような人生を送る事、そのために、自分が何をすべきかを考える事、
そんなポジティブな考え方こそが、人生を明るくする事だと思っています。
転職に際しては、そんな「攻めの姿勢」で臨んで頂きたいと、私は思います。