【人生の選択としての転職…会社に殺される前に、転職を】

先日、思わず背筋も凍るような、
世にも恐ろしいニュースを知りました。
それは、ある会社員の方が、
1年間、365日、1日の休みも無く、働かされ続け、
更に、残業も1ヶ月間最大で250時間以上という、常軌を逸した残業地獄を強いられていた、というものでした。
つまり、残業だけで1日8時間以上、働かされるという事であり、
1日の労働時間は16時間以上、という事になりますが、
これでは、家に帰る暇も無いでしょう。
実際、この会社員の方は、
何日も家に帰れず、会社のソファーで寝た後、また仕事をする、というような日々を送っていたそうです。
そして、驚くべき事に、
この会社は、この会社員に対し、残業代も一切支払っていなかった、というのです
この会社員の方は、とうとう、うつ病になってしまい、
会社に対して、裁判を起こしているそうですが、
私は、このニュースを知った時、
「こんな異常な事がまかり通るのか」
と、非常に驚いたのと同時に、
この、殺人的な労働を強いた会社に対して、
強い怒りを覚えました。
どんな理由が有ろうと、こんな事が、許されて良い筈はありません。
そして、(ここまで酷くないにしても)もし、こんな状況に追い込まれている会社員の方が居たら、
その時こそ、迷わず、転職をすべきだと、私は思います。
たった一度の人生、
会社に殺されて終わるような、そんな悲惨な末路を辿って良い筈はありません。
もし、今居る環境に未来は無い、
酷くすると、自分が壊れてしまう、という職場に居るという人は、
自分を守るためにも、そして、未来を切り開くためにも、
転職して、新たな道を行く事を、強くお勧め致します。
真面目な人ほど、非人間的な環境にも、ひたすら堪え忍んでしまい、ますます状況が悪化する、という傾向が有るように思われますが、
そんな真面目な人が、良いようにこき遣われるような事がまかり通るような道理が有る筈はないではありませんか。
転職にも色々有りますが、
環境を変えるというのも、転職の理由として有って良いと、私は思います。